両親の離婚に絡んできたのは祖父母

両親の離婚手続きが終わった後、子供である自分の携帯電話に祖父母から幾度となく電話がかかってきました。

すでに成人していたため、親権問題もとくになく、ただ、自分の思いから母方の戸籍に移りましたが、それが父方祖父母にとっては信じられないことだったらしく激怒していました。

もともと世間体を気にする祖父母であったため、離婚の原因が父にあったにも関わらず「それでも夫婦で支え合っていけ(離婚は世間体が悪いからなんとかやめろ)」という感じだったのですが、跡取りがいなくなったことにさらに困ったようです。

祖父母の自宅と携帯電話からかかる電話はとらないようにしていたのですが、機種変更などを利用して電話番号を変えて電話をかけてくることもありました。

一時期は携帯電話がなると恐怖を感じ、ストレスで眠れなくなったほどです。

それでもある時を境にパタリと連絡がなくなりました。

祖父母のどちらかが体を壊したのかもしれません。

両親の離婚で両親には大きな迷惑をかけられなかったものの、まさかの祖父母の圧力、つらかったです。